よくある質問


利用するためには入会金が必要ですか?

 必要ありません。費用は原則として、ご利用ごとの料金のみです。ただ、文書作成や教材作成の際には、実費程度をいただく場合がありますので、事前に相談させていただきます。

利用するためには保険証や受給者証は必要ですか?

 いずれも必要ありません。ただ、言語聴覚士法第四三条に基づき、吃音について主治医がいる場合、紹介状の持参をお願いしています。

利用する前に、電話やメールで相談はできますか?

 原則として対応致しかねます。吃音への対応方法は個別に異なるため、ご本人とお会いせずにお伝えできる内容には限界があるからです。ただ、例えば遠方などの理由でやむなくお子さんをお連れになれない場合に、保護者の方のみでご来室いただくことは可能です。なお、当相談室の方針や仕組みなどについては、メールアドレス(info@narumi-kitsuon.com)までお問い合わせ下さい。

具体的にどのようなことをするか教えてください

 ケースによりますが、①ご本人が幼児の場合は、お子さんとの接し方についてのアドバイスを中心に対応させていただきます。②小学生の場合は、ご本人の症状や性格に応じて、ご本人や保護者の方のご希望を確認しながら、出来るだけスムーズに話せるようになるための訓練や、吃音があってもたくましく生きていけるようになるための方法について指導をさせていただきます。③中/高校生以上の場合は、吃音が出にくい話し方の訓練や、吃音の捉え方を変える方法について指導をさせていただきます。なお、小学生や中/高校生以上の場合、原則としてご自宅などでの自主練習の実施が必須となりますので、あらかじめご了承ください。

どれくらいの頻度で通う必要がありますか?

 一概には言えませんが、初回面談の後は2週間に1回程度おいでいただき、方針が定まったり、自主練習の方法が概ね獲得できた後は、月に1回程度となることが一般的です。ただ、遠方など何らかの理由がある場合は、オンラインを積極的に組み合わせるなど、それに合わせた対応を検討させていただきます。

一度限りのスポット利用は可能ですか?

 可能ですが、その場合は評価や訓練ではなく、主に吃音についてのご質問にお答えしたり、お子さんへの対応方法や、練習方法についての一般的な解説などでの対応となります。